代表挨拶

フィットアカデミー代表取締役 都原

「目のいき届いた指導を−」

その想いを実現すべく、平成17年に個別指導塾を創業しました。 生徒一人ひとりに合わせた学習プログラム、マンツーマンによる指導。 当社は県内にこのようなスタイルを取り入れた先駆け的な存在です。 当社の指導は、テストの点数をあげる。いい高校に入る。 それだけが目的ではなく、「やればできる!」という小さな成功体験により自信を持たせ、夢や目標を掲げるきっかけをつくっていきます。

夢を持った生徒さんは、前向きな姿勢を身につけ、社会に必要とされる人間に成長していきます。 そのような子供たちをより多く育てることで世の中に貢献する。それが当社の目指す教育です。

「社会に貢献する人財を育てたい」

この気持ちは社員に対しても同じです。当社では指導力向上のほか、ヒューマンスキルを磨くミーティングや講習会などにも力を入れています。 学習塾は、単に看板をあげているだけで生徒さんは集まってきません。 生徒さんは、先生に惹かれていきます。 近年、個別指導塾が増える中、当社が県下最大19教室を展開するのは、人の成長にこだわり、魅力ある先生=人財が育っているからだと確信しています。

今後は、北陸3県への進出を目指しており、若い人財を求めています。 塾の仕事というと指導が中心だと思いがちですが、当社の社員は運営業務のウエイトが大きいです。 各教室には数名の先生がおり、彼らの育成や管理、円滑な教室運営が主な役割。

そのほか、セミナーや特別講習など会社全体のイベント企画にも関わり、みんなと心を一つにしてやり遂げる喜びを分かち合うことができます。 少数精鋭の若い企業ですから、社歴に関わらず、やる気があればどんどん活躍できるフィールドがあります。

人財が育てば、新たな教育事業の立ち上げも視野に入れていますので、その幹部候補になることも夢ではありません。 社員の成長を目にするのは嬉しい限りです。 現場で必要な知識やスキルを習得する体制は整っているので、“明るさと素直さ”を持ち合わせた方なら、いくらでも成長できます。 人の成長を大切にする当社で、ぜひ、あなたの可能性を広げてほしいと願っています。

代表取締役 都原 聖顕